披露宴から二次会までの空き時間。ゲストに退屈させない配慮とは?

画像の説明

こんにちは!
ヴェルニウェディングの遊佐です。

披露宴から二次会までの「空き時間」があまり長いと、
ゲストは退屈してテンションが下がりますし、
あまり短いと、新郎新婦が遅刻する可能性がでてきますので、
丁度良い時間で調整したいところです。

さて、披露宴から二次会まではどのぐらい時間を空ければ丁度良いのでしょうか?

基本的には披露宴お開きから2時間後に二次会を開始すると、
ゲストも空き時間に間延びせず、新郎新婦も遅刻する可能性も低くなります。

いずれにしても、新郎新婦が支度や移動をする間、
ゲストには「空き時間」がありますので、
ゲストを退屈させない配慮が大事となります。

このブログでは、
二次会開始までの空き時間を、
ゲストに楽しく過ごしていただくアイデアをシェアしたいと思います!


披露宴から二次会までの空き時間は状況次第で微調整を!

画像の説明

基本的に披露宴後から二次会までの空き時間は、
2時間とすることが多いのですが、
式場から二次会会場の距離であったり、
披露宴後のスケジュール(フォト撮影など...)によって、
多少(30分~1時間)前後したほうがよい場合もありますので、
状況に応じて二次会開始時間を決定しましょう。

披露宴お開きから2時間後に二次会開始としたとき、

例えば、

披露宴お開きが15:00だと...
・15:30→ゲスト見送り終了
・16:00→メイク&着替え終了
・16:30→荷物確認や精算終了
・16:45→二次会会場へ出発
・17:00→二次会開始!
と、こんな感じのスケジュールとなり、
新郎新婦が遅れて到着する可能性は低いようです。

ただ、
披露宴会場と同じ建物内で二次会を開催する場合は、
移動時間が短縮できるので、
披露宴お開きから1時間30分後に、二次会を開始する場合もございます。

また、
披露宴が長引く可能性がある
披露宴のゲストが大人数
披露宴後にフォト撮影する予定
披露宴から二次会会場まで距離が遠い
と、このような状況でしたら、
余裕をみて、
2時間30分~3時間後に二次会を開始したほうが安全です。

この辺は式場側によく確認して、
ゲストの負担にならず、新郎新婦が遅刻しない、
最適な二次会開始時間を設定しましょう!


空き時間はゲストに退屈させない配慮を!

画像の説明

ゲストには、二次会開始まで楽しく過ごせるよう、
退屈させない配慮があると喜んでいただけると思います。

○事前にカフェや複合施設など、時間をつぶせる場所の周辺情報を提供をする

披露宴終了後にゲストは同じエリアで大人数で移動をするので、
1つのお店が混み合う可能性があります。
いくつか、おすすめのカフェ情報など知らせておくと喜ばれます。

また、披露宴からのゲストが少人数であれば、
周辺カフェのドリンクチケットを事前に渡しておくのもよいでしょう。

○披露宴会場内のラウンジでくつろげるようにドリンクなど用意する

特に女性ゲストは荷物を持ちながらヒールで歩き回るのが疲れますので、
移動時間ギリギリまで披露宴会場のラウンジでくつろげる環境だと喜ばれます。
更にドリンクなど用意されていると嬉しいですね!

○二次会受付時間を早めることが可能であれば案内をする

通常二次会の受付は開始30分前からですが、1時間前から可能なところもあります。
二次会会場にフォトブースを設置して、
フォトプロップスやインスタントカメラ、チェキなど、
撮影を盛り上げるアイテムを準備しておくと楽しい時間が過ごせます。
また、ウェルカムスペースに前撮り写真やゲストとのメモリアルフォトなど置いておくと、
受付時間も会話のネタが増えて盛り上がるでしょう!

画像の説明

画像の説明

画像の説明

....

さらに、

受付時間を楽しく過ごしていただくためのアイデアをご紹介させていただきます!


ムービー上映

画像の説明

結婚式撮って出しエンドロールを披露宴会場から二次会会場へ持込して、
受付中に上映すると二次会からのゲストにも楽しんでいただけます。

画像の説明

画像の説明

ドレス色当てクイズ

画像の説明

新婦は何色のドレスで登場するでしょうか?
と、受付中にゲストに予想をしてもらい、
正解ゲストへプレゼントを用意するなどのイベントがあると、
二次会開始時間までが楽しみになります!

画像の説明

画像の説明

ハートドロップス

画像の説明

「木のチップ」にゲストの名前・メッセージを書いてもらい、
大きな容器フレームに入れてもらうことにより完成するウェディングアイテムです。
ゲスト参加型の演出ですので会場も自然に楽しい雰囲気となります。

画像の説明

画像の説明

真っ白なスニーカーやバッグなどに寄せ書きメッセージ

画像の説明

ユニークで斬新なアイテムを準備して、
ゲストには二次会開始時間まで楽しんでもらいましょう!

画像の説明

画像の説明


まとめ

画像の説明

披露宴お開きから二次会開始までの「空き時間」は、
ゲストに負担なく新郎新婦も遅れないという意味で、
基本2時間を推奨しますが、あくまで基準と考えてください。

披露宴後の流れは式場側によく確認をとり、
空き時間は「2時間半」・「3時間」が安心なのか、
基準通り「2時間」でよいのか、よく検討して最適な時間を決めましょう!

いずれにしても、
新郎新婦が仕度をしている間、
ゲストは二次会開始まで「空き時間」があります。

事前に「空き時間」が退屈しないような配慮があると、
ゲストも嬉しいですし、新郎新婦も安心して仕度に集中できるでしょう!

ゲストに快適に過ごしていただき、「最高の結婚式二次会」にしてください!


この記事を書いた人
ヴェルニウェディング 遊佐和徳

結婚式二次会結婚式1.5次会のことは、どんなことでもご相談ください!
ヴェルニウェディング公式HP

結婚式二次会幹事代行口コミ&プロ司会評判NO1
ヴェルニウェディング 
TEL 03-4455-4657
LINE ID:@dge5661u
二次会代行

コメント


認証コード7565

コメントは管理者の承認後に表示されます。